用語集


キャッシュフロー計算書(きゃっしゅふろーけいさんしょ)

会社が費用に使える金額の大きさ、つまり企業の支払い能力の大きさを示す財務諸表の一つ。財務諸表の中でも、キャッシュフロー計算書は企業の実際の資金繰りを明確に表す諸表で、個人投資家や金融機関から投資や融資を募る際には、最も重要視されるものである。 キャッシュフロー計算書では、企業のキャッシュフローが(1)営業活動によるもの、(2)投資活動によるもの、(3)財務活動によるもの、の3つに分類され、それぞれ合計が出される。また、営業活動によるキャッシュフローの計算においては直接法と間接法という2種類の計算方式がある。