用語集


タックスヘイブン

日本語では“租税回避地”と訳され、外国資本や外貨獲得のために、意図的に税金優遇することで資本を誘致している国や地域をさす。グローバル化の発展により、海外進出の機会が増加している中で、タックスヘイブン税制では、租税回避を意図したペーパーカンパニーの設立や日本の税率を避けるためのその他の手段を排除する制度である。