用語集


分離課税 (ぶんりかぜい)

分離課税とは不動産売却による所得や株の売却による所得に単独の計算で課税する方法である。これは相続した土地が値上がりして生じた利益や退職金など、一時に大きな金額が手に入った時、その金額を通常の課税所得とは切り離して計算をすることで、他の所得にも高い税率が適用されないようにする制度である。