用語集


成長性分析 (せいちょうせいぶんせき)

成長性分析とは、企業の売上高、総資産などの規模がどの程度変化しているかを分析することで、企業に係る一定期間の規模の成長度合いを測定するもの。成長度合いを測るという点では、市場全体の成長率と比較することが重要である。具体的には、売上高成長率、総資産成長率などがある。これにより、急激な売り上げ成長に伴って、借入金の増加による安全性の低下、債権回収や棚卸資産の管理が追いつかないなどの事態、あるいは、新人や管理職の教育が間に合わず、業務プロセスに混乱が起きたり、顧客の満足度が下がってしまったりといった事態をあらかじめ防ぐことができる。業界全体の成長も見据えた上で、「バランスのとれた成長」であるかどうかを見抜く必要がある。