用語集


民事再生法 (みんじさいせいほう)

経済的に窮境にある債務者について、債務者と債権者の民事上の権利関係を調整することで、その債務者の事業または経済生活の再生を図ることを目的とした法律。倒産法の一つである。廃止された和議法に代わり、2000年4月1日から施行されている。民事再生法は「再建型倒産手続き」と言われ、債務者が事業を継続しながら債務を弁済していくものである。法人個人ともに制度の利用が可能である。