用語集


減価償却 (げんかしょうきゃく)

価値が減少する固定資産を取得した際に、取得費用をその使用期間・状態に応じて費用計上していくことである。言い換えれば、「減価償却資産」を購入した時に一度に費用にしないで一定期間に分けて毎年少しずつ費用にする仕組みとなっている。減価償却を会計処理する場合には、減価償却費を固定資産から直接減少させる直接法、減価償却費を累積させて表示する間接法の2通りの方法がある。