用語集


益金 (えききん)

法人税法上の収益のこと。商品・製品の販売や役務の提供(サービス)など、土地・建物などの譲渡による収入、預金や貸付金の利息、投資による収入など、会計上の収益を基礎として計算されるが、法人税法独自の考え方により修正が加えられることとなる。一方で、法人税法上の費用のことを、損金という。