用語集


相続税 (そうぞくぜい)

人が亡くなった時に、その人が所有していた財産を相続人がもらう際に課税される税金。遺言や死因贈与契約によって、相続人ではない人が財産をもらう場合も、相続税の対象になる。なお、「相続開始を知った日(通常は亡くなった日)の翌日から10ヶ月以内」に、被相続人の住所の所轄税務署に申告書を提出し、税金を納付しなければならず、この期限内に申告・納付しなかった場合は、「加算税・延滞税」の対象になることに注意が必要である。