税理士法人ベリーベスト > サービスのご案内 > 法人のお客様 > M&Aサポート

M&Aサポート

買い手・売り手それぞれの立場で、適切なM&Aをサポート

M&Aサポートとは

一般的に、企業価値の向上には「経営資源と時間の有効活用」という概念の下にM&Aが活用されており、積極的なM&Aは経営戦略の有効な選択肢です。このようなM&Aの局面においては、ビジネス、財務、税務、法務といった様々な視点から検討および実施することが重要になります。

当社では、買い手・売り手それぞれの立場におけるお客様に対し、適切なアドバイス及びサポートを実施しています。

経営者の皆様へ

下記の様な検討・問題事項を抱えていらっしゃる経営者の方々をサポートします。

  • 自社企業の大きな不足点がある
  • 商流の統一を図っていきたい
  • 他地域に進出を図りたい
  • 後継者がおらず、自社の行く先が不安
  • 業界の先行きが見えず、経営に行き詰まりを感じている
  • 体力・気力が衰え、会社経営をしていくことが困難

自社を精力的に拡大していきたい、積極的に弱点を克服していきたいというニーズと、一方において、自社の運営を他の誰かに任せたい、経営から退いていきたいというニーズ。双方のどちらも納得したゴールに向かって進んでいくことがM&Aにおける最大の課題となります。

当社は税理士法人という立場を通して、公平・中立にフォローを進めさせていただきます。

サービス内容

無料相談・お問い合わせ

お客様が検討するM&Aに関しまして、当社は以下のサポートをいたします。

財務・税務デューデリジェンス

当事務所は、財務・税務の両面から一体的にデューデリジェンスを実施致します。
貴社のM&A成功のために、組織再編との課税関係および関連する税務リスクの分析をし、税務上適切な組織再編案をご提案いたします。

バリュエーション

デューデリジェンスを下に、M&Aの時における、事業価値、企業価値、株式価値の算定をいたします。
また、合併、株式交換時における、合併比率、株式交換比率の算定を行います。

ポストM&Aのサポート

M&A実施後に、経営状態を分析するためのフォローアップを行い、再対策が必要であると判断した場合、改善手法の立案から実施までのサポートをいたします。

中小M&Aガイドライン遵守の宣言

料金

詳細を伺ってからのお見積りとなります。お気軽にお問い合わせください。

Q&A

M&Aのプロセスを教えて頂けますか。

M&Aにおける最初のステップは企業戦略の策定であり、最終的な統合マネジメントまで様々な業務があります。 ポイントとなる統合の段階では、

  • コーポレート・ブランディングの策定
  • 支店・支社の統廃合、システム統合
  • 業務プロセスの統合
  • 内部統制の再構築
  • 商品・サービスラインの取捨選択
  • 人事・社内制度の統合

などの様々な課題があります。
当社は、お客様との十分な話し合いの下に、M&Aに関する税務・財務デューデリジェンスから、統合を終えた後も最善のサポートを提供いたします。M&Aをご検討の際は、まずはお気軽にご相談ください。

自社株式の贈与に関して、注意点はなんでしょうか。

財務・税務デューデリジェンスは、企業買収や組織再編、経営統合を考える際の対象会社または事業の実態調査といえます。 財務デューデリジェンスは一般に対象会社の過去の一定期間における業績、財政状態並びにキャッシュフローの分析をすること で、M&A実施に対する評価や投資意思決定に資する情報の提供を達成します。

税務デューデリジェンスは、買収後の経済的損失を避けるための重要な手段として買収・統合企業の税務リスクを事前に分析を し、M&Aストラクチャーを構築する際の有用な情報を得る重要な機会となります。

当社は事業承継にM&Aを利用するか検討しています。事業承継にも対応していますか?
はい、対応しております。
M&Aは、事業承継問題に対する解決策として有用な場合もあります。従業員によるバイアウトにより事業承継を実施する場合など には、販売先の確保、調達先との継続的取引といった事業の存続・継続性を見越して売却することが重要です。 当社では、お客様の事業承継に合った解決策を提供いたします。このサービスの詳しい内容は、事業承継のページをご覧ください。