用語集


クラウド会計 (くらうどかいけい)

クラウド会計とは、従来の会計作業を、インターネット上のサーバーを使用することで、インターネットの接続環境さえあれば、いつでも会計作業を行い、保存が可能なシステムである。従来の会計ソフトでは、会計帳簿を作成する際にパソコンにインストールされた会計ソフトを起動し、ハードディスクの中にデータを保存するという管理形態であった。従前の方式と比べ、インターネット上のサーバー使用により、会社と会計事務所が同時に作業を行うことができ、タイムラグの発生を防ぐことができるようになった。また、通帳やクレジットカードの自動同期システムなどが備わっており、クラウド会計を使用することで、経理業務を大幅な効率化が期待できる。