用語集


受取手形 (うけとりてがた)

商品の販売やサービスの提供により発生するお金を受け取れる権利で支払金額や支払期日等が記載された証券を指す。簿記では、約束手形や為替手形を処理する勘定科目でもある。約束手形は取引をする2者間で交換され、発行した者が手形に記載した期日までに支払うことが約束されている。為替手形はおもに3者間で用いられる手形方式で、手形振出人が支払人に、受取人への支払いを委託するもの。貸借対照表上では、受取手形は売掛金とあわせて売上債権と呼ばれ、流動資産に計上される。また、法人税法上、貸倒引当金の設定対象である。