第1話「育成社員制度? それってベリーベストだよね」篇

ベリーベストの育成社員制度とは

勉強をしながら働きやすい環境の実現

残業一切なし、試験前1か月は完全休暇(無給)、大原簿記学校にもTACにも通いやすい水道橋の立地を兼ねそろえ、税理士試験の勉強をしながら働きやすい環境を実現します。

残業一切なし!

勤務時間は9時~17時30分(うち1時間休憩)。残業は一切なく、周りからも帰れと言われる環境です。しっかりと勉強してください!

試験前の1か月試験休暇!(無給)

本試験前は仕事を忘れ、集中して勉強することができます。

  • 過去の育成社員は本人の希望により週1日に数時間程度、仕事をしにきた人もいました。勉強ばかりでは飽きてしまうという本人の希望を許可しました。

専門学校に通いやすい立地! 水道橋にオフィスがあります!

大原簿記学校にもTACにも徒歩3分という立地。17時30分の業務終了後に余裕の通学が可能となります。土日の通学も定期券で通えますから、交通費がかからずに専門学校に通えるのも地味にうれしいポイントです!

また、科目免除を目指す方は日本大学、大原大学院大学、専修大学に通学するのに便利な立地です。(税理士法人ベリーベストの実績として、日本大学複数人、大原大学院大学2名、少し離れますが筑波大学の進学実績があります。)

育成社員のとある1日

9:30、出社。メールチェックや先輩からのフィードバックのチェック。10:00、今日は法人税務講座をDVDで視聴。他の育成社員と同時にやることにしているのでお互いで疑問点を解決する。13:00、ランチ。TAC水道橋港に近い利点を活かし、ぱっと食べて自習室で軽く計算演習。14:00、先輩に割り振られた申告書の作成。17:00、先輩に進捗報告とチェックの依頼。17:30、業務終了。徒歩3分のTAC水道橋校に向かう。今日は法人税法!

充実した休暇制度(専門職社員も含む。)

有給休暇

勤務開始から3か月経過後に有給休暇10日を付与。その後は1年ごとに11日、12日……と付与されます。最大年間20日付与、1年間は繰り越せます。半日単位の取得です。

夏季休暇

連続した5日間(月から金)を、6月から11月の間に取得します。リフレッシュ、自分がいなくても業務が回るような体制を作って欲しいという思いから分割した取得は認めていません。受験生であれば本試験前に取得することがお勧めです。(育成社員は7月〜本試験までがお休みのため夏季休暇はありません。)

フレックス勤務制度

入社3ヶ月経過後(ただし新卒の方は1年経過後)にフレックス勤務制度に移行します。コアタイムは11時~ 14時です。(勤務可能時間帯は7時~22時です。)多くの方は9時~18時、10時~19時の勤務をしています。
(育成社員はフレックスの適用はありません)

時短制度

例えば妊娠期間、治療期間等には時短勤務を認めています。給料に関しては、例えば1日6時間の勤務を希望する場合、月給×6時間/8時間で計算されます。

リフレッシュ休暇

有給と組み合わせ、5〜6日間連続の休暇の取得を義務付けています。

年末年始休暇

12月29日から1月3日は会社全体での年末年始休暇となります。

お昼休憩

一律の時間は定めていません。業務の都合等に合わせて各自で1時間取得してください。

充実した研修制度

網羅的な基礎知識の習得を目的とし、採用初期は集合研修や動画を用いての座学中心、徐々に座学で学んだ知識をベースにOJTを取り入れて1年間で帳簿の入力、帳簿のチェック、基本的な法人税、所得税、消費税それぞれの申告書の作成、年末調整などをできるようにします。先輩からのフィードバックを受けて、1年間で基本を固めます。
専門職社員と同様の研修を行いますので、最低限、法人税、消費税、所得税の申告書は作成できるようになります。OJTは先輩がしっかりやってくれます!(後日、詳細はアップします。)

専門職社員への切り替えは本人の意志、タイミングで

税理士法人ベリーベストの中心となって活躍するのは専門職社員になってから。専門職社員は育成社員と異なり、残業やお客様対応があります。
育成社員から専門職社員への切り替えは本人の希望に応じます。育成社員のうちに3科目程度の合格を目指してほしいと考えています。

過去の入社実績

入社時の平均年齢は26.6歳と、決して若いわけではありません。前職も多種多様です。

性別 育成社員入社月 入社年齢 専門職社員への転換 前職(参考)
1期生 男性 2017年9月 30才 1年後 アパレル
男性 2017年9月 28才 1年後 パティシエ
男性 2017年9月 22才 1年後 大学生
2期生 男性 2018年9月 24才 1年後 大学生
男性 2018年9月 23才 1年後 大学生
男性 2018年9月 23才 2年後 大学生
男性 2018年9月 28才 2年後 一般企業経理
3期生 女性 2019年7月 26才 育成社員継続中 国家公務員
男性 2019年9月 38才 3か月 専門学校講師
4期生 女性 2020年9月 30才 育成社員継続中 人材紹介会社
女性 2020年9月 23才 育成社員継続中 大学院生
女性 2020年9月 26才 育成社員継続中 銀行員

← 左右にスクロールできます →

高い勤務継続率

2017年からスタートした育成社員制度では、12名の育成社員を採用しました。なんと退職者はゼロ!(2020年9月現在)12名中8名が専門職社員に自らの希望で転換しています。
高い勤務継続率は次の要因によります。

職場の人間関係がいい!

若い社員が多く、明るく相談しやすい職場です。みんなが人間関係がいいと口をそろえるのが自慢です!

働きながら勉強しやすい環境が整っている!

試験前は1か月以上休みで勉強する時間が充分確保され、本試験前は仕事を忘れ、集中して勉強することができます。

残業一切なし!

本当に残業一切なしです。(逆に残業していると先輩から心配されます。)

土日出社なし

土日祝日に出社するなんてありえません。

充実した研修・教育制度

充実した研修やOJTからの教育を経て、キャリアを積みながら資格がとれます。

立地の良さ

大原東京水道橋校やTAC水道橋駅前校まで徒歩3分という素晴らしい立地です。

風通しの良い職場

仕事でやりたいことがあれば、積極的にやらせてもらえます。どんどん希望を伝えてください!

他士業との連携で知識の幅が広がる

グループ内の他士業法人と連携することで、幅広い分野の業務に携われる。他士業との情報共有により知識の幅も広がります。

女性が働きやすい職場環境

女性が働きやすい職場づくりに力を入れています。産休・育休制度も整っており、復帰率はなんと100%です。(2020年9月現在)

服装が自由

男性はスーツは着ているもののノーネクタイの人が多く、女性はオフィスカジュアルが多い印象です。夏には短パン姿の人も。

税理士登録費用の立て替え

登録費用を全額立て替えます。毎月1万円の登録手当が支給され、毎月1万円を返済していただきます。なお、税理士手当は別途支給されます。

税理士会費の負担

税理士会費は法人が負担します。

ベリーベストが思い描く税理士への道

こんな業界で生きていくからには税理士になってほしい。
そんな願いが込められた採用形態です。

   step1:育成社員ジュニア。学生アルバイトをイメージ。この時期に数科目の合格を!step2:育成社員。本格的に働く前に5科目を勉強済みの状態にしてほしいという願いから作った制度です。この時点で5科目を勉強済み、合格科目3科目もっていてほしい。大学院に通ってもいいかも。step3:専門職社員。仕事も勉強も必死にくらいつく時期!5科目合格目指して最後の踏ん張り!step4:税理士。プロフェッショナルとしてここからが本当の勝負です!○○の分野にこの人あり、と業界に知れ渡る存在になってください!

あくまでモデルプランですので、ご相談ください。

育成社員へのエントリーはこちらから